[PROFILE]
在宅サポートセンター センター長 森 清

高校生時代は、おもしろいことが好きだったので「落語研究部」に入ったり、楽しく暮らしていました。マザーテレサは「あなたの存在こそが喜びの知らせなのです」と述べられました。「強さは仕えるために、弱さは分かち合うために」と申しますが、わたくしは弱い人ともにある存在になりたくて医学部を志しました。学生時代は、神はなぜ障害をつくられたのかと悩み、学内に手話研究会を創ったり、不十分ながらも手話通訳にも挑戦いたしました(第2回手話によるスピーチコンテスト優勝 (朝日新聞社主催))。いまでも「おもしろいこと」は大好きで、第200回公開医学講座を企画したり、本を書いたり(「自分らしい最期を生きる」 セルフ・スピリチュアルケア入門 教文館)しています。笑顔と笑いの中でこそ、創造的な発想ができると思っております。在宅医療のほとんどの問題は、マニュアルや理屈では解決できません。多くの仲間と同志とともに、創造的に共になやむことによって、多少でもみなさまの力になればと思っております。願わくば、多くの問題は解決できなくとも、その問題が解消されるようなアプローチができることを理想としております。

 歳 をとると、家事などを若い時と同じようには行えないものです。徐々にそうなった方もおられれば、病気によって日常生活が、ゆっくりとなら れた方もおられるかもしれません。通院していた病院に通うことが簡単ではなくなったとき、訪問診療ははじまります。癌を患ったり、脳梗塞 などを患ったりしても、自分の家に居たいと思うことは普通のことです。病気が進んでも、痛みや息切れも感じたくはありません。最期まで自 分らしく、自宅で生きることは、私たちの権利なのだと思います(参考「自分らしい最期を生きる」教文館)。私たちは、 みなさまの自立支援・主体回復を応援したいのです。病気を持ち、歳をとって生活することには、リスク(危険)はつきものです。それらを減らす努力を行いつつも、リスクを十分に承知され、自己責任を負われている生活者は多くおられます。望む方には、安心して最期まで御自宅で 自分を生きること、それを応援いたします。

 通院が困難になった方を対象に訪問診療をいたします。病気や障害によって、ひとりでは病院や診療所に行くことが難しくなってきた方方のお宅へ、医師が伺います。訪問看護師・ケアマネジャーたちとチームを組み、御家族と相談し、治療やリハビリなどの方針を決めます。御家族がおられない場合には、時には担当の市役所の職員さん等と相談することもあります。

 訪問診療の必要はまだ大丈夫と言う方方も、ご自宅での生活に困難がある場合には、ヘルパーさん/訪問介護(居宅介護支援事業所)からの応援を受けることをお勧めしております。生活での御苦労をどのように考えたらよいのか、わからない方も多いと思います。そのような方方には、訪問看護(訪問看護ステーション)ケアマネージャーさん(居宅介護支援事業所)に相談をされることをお勧めします。「生活の処方箋」をいただけると思います。相談をすべきかどうかもよくわからないと言う方には、地域の地域包括支援センターに行かれるか、お電話することを勧めております。現在では、ほとんどの高齢者には介護予防/リハビリテーションが必要です。通所・訪問による介護予防をみなさまに勧めております。在宅サポートセンターホームページをご覧ください。

  •  森 清、野口 忍 地域包括ケアにおける東大和市医師会との協力と取り組みについて 東京都医師会雑誌 68巻5号(6月号) pp501-505(83-87) 2015
  •  森 清:地域包括ケアシステムと東大和病院   東大和病院看護部 2015/4/22
  •  森 清:「ひとりくらしについて」 地域包括ケアシステムのための多職種連携の会 東大和市医師会/東大和市福祉部  東大和市 2015/5/16
  •  森 清:地域包括ケアシステムの中の「認知症疾患医療センター」東大和病院 地域連携型認知症疾患医療センター準備会 東大和病院 2015/6/9 
  •  森 清:地域包括ケアシステムについて  近隣施設との会談  東大和病院 2015/6/15
  •  森 清:地域包括ケアシステム 第200回大和会公開医学講座 ハミングホール 大和会主催 2015/6/20
  •  森 清:「誤嚥・介護予防について」 地域包括ケアシステムのための多職種連携の会 東大和市医師会/東大和市福祉部 東大和市 2015/6/28
  •  森 清:「認知症について」 地域包括ケアシステムのための多職種連携の会 東大和市医師会/東大和市福祉部 東大和市 2015/9/12
  •  森 清:地域包括ケア病棟と在宅医療  地域包括ケア病棟説明会(武蔵村山病院) 2015/11/20
  •  森 清:「終活-地域包括ケアシステムから」 ホーリネス奉仕局 東京中央教会 新宿区 2015/11/23
  •  森 清:「地域包括ケアシステムについて」  北多摩西部脳卒中地域連携パス協議会 老健2階 東大和市 2015/11/30
  •  森 清:「地域包括ケアシステムにおけるリハビリテーション職の役割」 大和会リハビリ部門全体研修会 東大和病院7階 2015/12/10
  •  森 清:「在宅看取りにおける医療介護多職種連携について」 介護事業所と対象として講義 東大和市主催 東大和市会議棟 2016/1/21  予定
  •  森 清:「地域包括ケアシステムについて」 大腿骨頸部骨折パス協議会 東大和病院7階 2016/3/7  予定
  • 2013年日本在宅医学会 シンポジウム 「機能強化型在宅療養支援診療所」
  • 2013年日本緩和医療学会 シンポジウム 「独居」
  • 2013年日本緩和医療学会 主題講演 「看護師の癒し」
  • 2014年日本在宅医学会 シンポジウム 「ひとりくらし」
  • 2015年日本在宅医学会 シンポジウム 「地域包括ケア」
  • 2016年日本緩和医療学会 シンポジウム招待 予定「血液疾患」

  • 在宅医療テスト2013年 優勝/89施設999人 69.8点/平均36.0点

在宅医療をめざす医師求む!

在宅医療をめざす医師の育成にも力をいれています