できるだけ住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを、できるだけ人生の最期まで続けることができるように、厚生労働省が推進している地域での包括的な支援・サービスの提供体制を「地域包括ケアシステム」と呼びます。医療・介護・住まい・生活支援・介護予防などが一体となって関わることを理想としています。さまざまな職種との(統合されたシステムとして) 強い連携が、市民の幸せを守ります。家族と共に居たい。家族の負担にはなりたくはない。そのような思いに応えることを目標としています。

在宅医療について

在宅医療とは疾患、介護状況など身体的な理由などにより「病医院に通院困難となった患者さま」を対象とし、医師の定期的な訪問診療と24時間対応が基本となります。在宅医療をお受けになる患者さまは通院ができる方とは違い、病状を定期的にチェックする必要のある方や生活動作能力に支障のある方などが多く、医療面でのサポートが必要不可欠です。当診療所は地域の訪問看護ステーションと連携し、協働して皆様の在宅療養生活を支えていきます。

緩和ケアについて

在宅医療を選択される患者さまの中にはがん疾患を患い、今まで治療していた医療機関に通院困難となる方やがんの進行により住み慣れたご家庭で今後の療養生活を送りたいという方もおられます。がんと診断され、精神的に落ち込んだり、不安に思ったりして安心して眠れない方も中も多く、身体の痛み、つらさ、吐き気やだるさのほか、身のおきどころがないような不安な症状などを緩和しながら、在宅での生活を少しでも前向きに送ることができるようにするのが緩和ケアです。痛みから解放されるためにお薬などで緩和するだけでなく、介護、リハビリテーションや家族支援なども考慮しながら、患者さまの生活の視点を大切にして、在宅生活を安心した穏やかなものとなるようサポートしていきます。

看取りについて

人生の最期を住み慣れた自宅で迎えることを選択された患者さま、ご家族に対し訪問診療を通じてご支援するものです。当診療所では終末期にある患者さまにはご本人の意思と権利を最大限に尊重し、人としての尊厳を保てるよう、そして安らかな死を迎えることができるよう医療ケアを行っていきます。患者さまにとってご家族の存在は大きく精神的支えとなる場合がほとんどであり、医療者として、患者さまだけでなく、看取られるご家族を共にサポートしてまいります。また、患者さまの介護状況によっては多職種がケアにあたることも多いことから、医療介護の連携を図りながら患者さまご家族を支援していきます。

訪問実績を公開しています

幅広いエリアからのご依頼を受け付けて
村山大和診療所の訪問実績を公開しています

在宅医療をめざす医師求む!

在宅医療をめざす医師の育成にも力をいれています