入院生活

入院生活のご案内

入院生活流れ 入院生活中の一般的な流れをご説明致します(各病棟によって異なる部分がございます)

 

入院時の持ち物

  • □ 洗面用具一式
     (歯磨き粉、歯ブラシ、シャンプーなど)
  • □ 衣類
     (下着、パジャマなど)
  • □ 日用品
     (湯呑み、靴、ティッシュペーパーなど)
  • □ お薬手帳
     (現在使用している薬・サプリメント等がある方はお持ちください)

 

  • 携帯電話は、他の患者さまに悪影響を及ぼす恐れがありますので、院内でのご使用はお控え下さい。
  • ハサミ・ナイフ・カッターなどの刃物類の持ち込みはご遠慮下さい。
  • 荷物は最小限にし、貴重品は持ち込まないでください。
  • 必ず、全部の持ち物に大きく名前を記入してください。
  • タオル・バスタオル・寝巻き・オムツに関しては当院ではリース契約を取り入れております。ご利用に際しては各階スタッフステーションにお申し出下さい。
  • 電化製品のお持ち込みはできるだけご遠慮下さい。

 

高齢者総合機能評価について

 厚労省の指導により、65歳以上の患者さまを対象に、入院初期より日常生活で必要となる能力・認知機能・意欲等についての総合的な生活機能を評価します。

利点

  1. 入院時の疾患のみならず、認知やうつ状態などの評価を行うことで、その方の日常生活を知ることができます。
  2. 市区町村窓口や地域包括支援センターへのご紹介などが可能であり、退院後のサービス活用に反映できます。

回復期リハビリテーション病棟にご入院の患者さまは対象外となります。
評価目的のため、入院初期に看護師が病室・病棟へ伺いますので、ご協力お願いいたします。

看護部
受診費用助成制度
DPC病院指標
増築計画
開院10周年
メディア・取材・広報活動

ページトップ

Copyright © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation. All rights reserved.