HomePETとは

PETとは

PETとは画像診断の名称で、Positron Emission Tomography 陽電子断層撮影法の頭文字を取ったものです。
FDGという放射性同位元素をつけた薬を使って、がん組織がその薬をたくさん取り込むという性質を利用して画像検査を行います。

PETの仕組み

PET検査の仕組み

PET検査は、がん細胞が正常細胞にくらべて、多くのブドウ糖を細胞内に取り込む性質を利用して、ブドウ糖が多く集まっている場所から、「がん」を発見する方法です。

ブドウ糖に「放射性同位元素」をつけた薬剤(以下FDGと略)を注射すると、微量の放射線を発する「放射性同位元素」が発信器のような役割をします。
このFDGを感知するカメラで、体内のFDG分布を画像化し、「がん」の位置と大きさ、進行度合いを調べます。

PET検査の特徴

PET検査の特徴

早期発見
1cm以下のがんも発見できる可能性があります。小さなうちに見つけて、早期発見へ。
病期診断
薬剤(FDG)の分布や集積、代謝具合で、がんの進行度合を調べることができます。
全身を一度に撮影
体の各部を別々に撮影するのではなく、目の上部からひざ上までを一度に撮影します。
転移や再発の発見
全身を一度に撮影するので離れた場所への転移や術後の再発状況を確認できます。
良・悪性の鑑別
薬剤(FDG)の分布や集積、代謝具合で組織の良・悪性を鑑別することができます。
負担の少ない検査
痛みは薬剤の注射のみ。あとは安静にして検査台に横になっているだけです。

PET検査の流れ

PET検査の流れ

PET-CT検査とは

PET-CTカメラ

PET-CTとは、PETとCTを一体化させた機器です。
双方の画像を重ね合わせることで、互いに得意な部分を引き出し、従来のPET診断の精度をより向上させることが期待されます。

   

下記の症例画像は、PETのみの画像では、右胸部に異常集積を認めますが、部位の特定は困難です。
またCTのみの画像では病変の特定が困難です。
一方、PET-CTでは異常集積の位置関係が明瞭となり、肺癌であることが確認できます。

PET-CT症例画像

ページトップへ
Copyright (C) 武蔵村山病院 画像診断・PETセンター All Rights Reserved.