HomePET検査 Q&A

PET検査 Q&A

PETに関するご質問についてPET検査に関するよくあるご質問についてお答えいたします。

    
Q1 PETはどんな「がん」でも見つけだせますか?

「がん」の種類によっても、また病気の時期によっても、ブドウ糖の代謝は異なりますので、必ずしも全ての「がん」を見つけ出せるわけではありません。肺癌や大腸癌を検出するのは得意ですが、胃癌、肝細胞癌、腎癌、膀胱癌等は比較的苦手です。

    
Q2 どんなに小さながんでも見つけることができますか?

やはり、小さい「がん」は画像にも写りにくく、発見できない場合があります。「がん」の代謝状態によっても異なりますが、ほぼ直径1cm 以上の大きさであれば検出できるとされています。

Q3 あらかじめ、検査前に何か処置が必要ですか?

FDG-PET検査はブドウ糖の代謝を利用していますので、検査5時間前からは食事ならび糖分を含んだ水分の摂取は中止していただきます。午前中に検査を受ける場合は朝食抜きの状態で、午後の検査の方は昼食抜きにして検査を行います。
糖尿病のある方は、血糖値を正常にしておくことが大切です。なお、糖分を含んでいない飲料水は、十分摂取していただきます。
また、PET-CT による検査の場合は、検査着に着替えていただき、金属類(下着、入歯、眼鏡、アクセサリー等)をはずしていただきますので、あらかじめご了承ください。

    
Q4 被ばくや副作用の心配はありませんか?

FDGという薬はブドウ糖製剤であり、アレルギー等の副作用は非常に少ないと考えられています。
放射線被ばくについては、PET検査のみで行った場合、胃腸透視検査1回分以下の線量です。また、PET-CT 検査の場合にはこれにCT検査分の被ばくが加わり、胃腸透視2〜3回分の線量となります。
なお、妊産婦や授乳中の女性は検査を受けることができません。検査前に妊娠の可能性がないことをご確認ください。

Q5 検査後の生活で気をつけることはありますか?

微量の放射能が体内に残っていますので、検査後の1〜2時間は、できるだけ人混みをさけてください。また、トイレの後はよく手を洗うことを心掛けてください。検査当日は妊産婦や幼小児との緊密な接触を控えること等に努めていただきます。

    
Q6 脳や心臓は同時に検査ができるのですか?

がんのPET 検査と、脳、心臓などの他の目的のPET検査では検査手順が異なるため、原則として同時に行うことはできません。

    
Q7 PET検査には健康保険を使うことはできるのですか?

PET検診の場合、人間ドックなどの健康診断と同じ扱いになり、健康保険を使うことはできません。 がんなどの悪性腫瘍にお罹りの方は健康保険の適用となる場合がございます。
PET検査は、平成22年4月より早期胃がんを除く全ての悪性腫瘍と、脳と心臓に関する2種類の疾患について、 一定の要件が満たされる場合にのみ保険の適用が認められました。
保険適用となる場合は、保険診療価格の1割負担もしくは3割負担(被保険者ご本人)となりますが、 適用外の場合は自由診療の扱いになり全額負担となります。正確な費用に関しては当センターまでお問い合わせください。


Copyright (C) 武蔵村山病院 画像診断・PETセンター All Rights Reserved.