Homeがん検診とは

がん検診とは

現在日本において生活習慣病(がん、心臓病、脳血管疾患)は死因の上位を占めています。その中でも「がん」は昭和56年より死因の第1位となっています。「がん」の完治には、早期発見と早期治療が重要です。最新鋭の診断・治療装置で、「がん」を総合的にチェックしましょう。

検診で行われる検査のいろいろ

CT画像、MRI画像、超音波画像

一般的にがん検診といわれるものには、エックス線を使った画像診断があり、胸部のエックス線写真(レントゲン)とか、バリウムを飲むような胃や食道の造影検査があります。
また、超音波を使って腹部や乳腺、甲状腺のがんの検査をすることもあります。

その他にも血液検査の腫瘍マーカーや内視鏡を使う検査もあり、画像だけでなくいろいろな方法でがんの検診が行われています。

がん検診としてのPET検査
PET画像、PETCT画像

PET検査が、エックス線検査や超音波検査とと大きく違うのは、「臓器や病変の機能」を見るというところです。
従来のエックス線検査や超音波などの画像検査は「臓器や病変の形」を主に見ています。
形の異常や病変の形を検出できることでは有効な手段ですが、PET検査はそれに加えて「その病変がどんな性質をもっているか」という、「臓器や病変の機能」を見ることができる検査です。
見つかった病変がどんな性質のものか、よりがんらしいのか、またはそうでないのかということを、極端に言えば、細胞レベルにまでつきつめて診断しようとするものです。

ページトップへ

※当センターでは、PET-CT装置を導入し、検査を行っております。

Copyright (C)武蔵村山病院 画像診断・PETセンター All Rights Reserved.