新卒プログラム |人を育てる

患者さまの個別性を尊重し、チーム医療を支える専門性の高い看護師を育てることは、スタッフ全員の質を上げ、それが地域の方を守ることにつながる。
その想いで「あなたらしさ」を理解し、活かせるように、しっかりと見て育て
個性を伸ばしながらあなたの本気をバックアップしていきます。




  1. 職業人としての自覚をもち、常識的な行動がとれる。
  2. チームナーシングにおけるメンバーとしての役割を遂行できる。
  3. 標準化された看護技術を安全・確実に実施できる。
  4. 基本的な看護過程の展開が実践できる。
  5. 基本的知識と技術を身につけ、看護観を深めるとともに自己の学習課題を見つけることができる。
プリセプター制度

新人看護師一人ひとりに、先輩看護師が現場での指導や相談役としてつき、一定期間マンツーマンの指導を行う教育方法です。貴重な経験を元に技術や知識を与えてくれるだけでなく、精神面で支えにもなります。安心して仕事に取り組める環境での成長をサポートします。




  1. 専門職として質の高い看護を提供できる人材を育成する。
  2. コミュニケーション能力を身につけ
    他職種と協働しチーム医療を考え行動できる看護師を育成する。
  3. 職員の学習意欲を尊重し、専門職としてのスキルアップを支援する。
  4. 看護研究を通し研究的な視点や
    看護倫理観を持った看護師を育成する。




新人看護師1年目の教育プログラム
内容勉強会(H26年度実績)
4所属部署で指導者から
基礎看護技術の指導を受け
観察ポイントを学ぶ
◎新人オリエンテーション
◎集合教育(技術演習)
5指導者と交代勤務
(休日・夜勤)を
体験し理解する
◎胃管挿入
◎神経症状の見方
6指導者と共に
受け持ち患者の
看護実践ができる
◎リフレッシュ研修(1泊)
◎心電図
◎心臓マッサージ
7~9チームリーダーのもと
受け持ちを開始し
看護課程の展開を学ぶ
◎せん妄・認知症の対応
◎呼吸を整える
10~12ケアの優先順位や
急変時の対応を学びながら
看護実践力をつける
◎多重課題・時間切迫
◎循環管理
◎コミュニケーション
1~3チームメンバーの1人として
独り立ちを目指す
1年間で習得予定の
基礎看護技術を達成する
◎がん看護
◎注射実技テスト
◎人工呼吸器

  1. 病院、看護部の理念に基づいて質の高い看護を提供できる人材を育成する。
  2. 患者さまとのパートナーシップを築く上での看護における倫理観を育てる。
  3. 社会人としての一般常識を身に付け、円滑なコミュニケーションを促進する。
  4. 主体的に学習する個々の意欲を尊重し、専門職としての発達を支援する。
  5. 他部署との恊働により、チーム医療における看護師の役割を学ぶ。



新人看護師1年目の教育プログラム
内容
4 ◎新人オリエンテーション
 ◎集合教育
 ◎ローテーション研修
5 ◎リフレッシュ研修
 ◎休日勤務体験
6 ◎患者の権利と患者の責務
7 ◎フォローアップ研修①(ME機器の取り扱い)
 ◎夜勤体験
8 ◎フィジカル・アセスメント(呼吸・循環)
9 ◎フォローアップ研修②(チームナーシング)
10 ◎急患時の対応
 ◎911コール
11 ◎覚えよう心電図
12 ◎フォローアップ研修③(看護を語る)
 ◎プリプリ交流会
1 ◎看護過程の展開①(事例検討)
2 ◎看護過程の展開②(事例検討)
3 ◎1年目フォローアップ
 ◎未来を語ろう

    介護や療養の必要な利用者さまに対し
    身体と心のケアを通して日常生活行為の改善を図り、
    「その人らしい生活」が出来るよう
    多職種と協働し、看護の主体性を発揮できる能力を養う。



教育プログラム
  • 老健施設の目的及び役割
  • 認知症の理解とそのケア
  • 看護と介護の専門性
  • 施設看護師の本来の業務について
  • 施設看護師のケア方針
  • 施設看護師としてリーダーシップを発揮するためのスキル
  • 老健施設での看取りについて

    1. 訪問看護師として、実践と振り返りができ次へ看護展開ができるよう育成する。
    2. コミュニケーション能力を身につけ、他機関や他職種と協働し、よりよい看護を考え行動できるよう支援する。
    3. 職員の学習意欲を尊重し、スキルアップを支援する。

    ^