先輩に聞いてみよう |Message

看護を一生の仕事としていくために、大和会ではワークライフバランスを大切にしています。
結婚や出産など、ライフスタイルの変化にともなって様々な働き方をしている先輩看護師たちの声を集めました。

 


大和会に入職した経緯を教えてください

 1人目の子どもが小学校に入るときに東大和病院に入職しました。同じ職場で子育て仲間ができ、お互い励まし、支えあいながら日々頑張っていたのを覚えています。長い年月、働くことができたのは、そのような恵まれた環境があったからだと思います。その後、老年看護に関心があり老健への勤務異動を希望しました。それまでの看護師としての経験を生かしつつ、やりがいを感じ働いています。


職場の環境や雰囲気はどうですか?

 老健の役割、介護保険、認知症等、わからないことばかりでしたが、勉強会や内部研修が設けられ、その中で理解していく事ができました。老健では利用者さまお一人おひとりの生活全体を見ながら、ご家族も含めて関わることが出来ます。人生の大先輩である利用者さまから学ぶこともたくさんあります。
 看護の仕事以外に介護のサポートに入る事もあり、ケアに関しても積極的に参加し、見守り・声かけ・観察なども含めて、看護師としての能力を発揮することが出来ます。また介護職員と連携をとりながら、それぞれのレベルアップに努めています。認知症ケアでは、多職種と情報を共有し、その人が、その人らしく暮らせるよう支援し、在宅復帰に向けて頑張っています。何より利用者さまの笑顔と「ありがとう」が、私の推進力になっています。


後輩へのメッセージをお願いします

 老人保健施設は、病院とは違い医療面は少ないです。生活リハビリの援助をしつつ、季節のイベントやレクリエーションなどを、利用者さまと一緒に楽しみ関わりを深めていきます。 他職種の年齢幅も広く、チームワークを持ちながら家庭的な雰囲気の中で働くことが出来ます。また、看護師の役割は大きくケアの質の向上に向けて一緒に努力していきませんか。是非、お待ちしております。

 
メッセージトップへ
^