X線撮影装置

撮影装置 一般的なX線撮影はX線を人体に照射して、胸腹部や脊椎、手足などのX線写真を撮ります。
X線写真で臓器の炎症、腫瘤性病変、骨の性状や骨折の有無を診断出来ます。

移動型X線撮影装置

移動型のX線撮影装置で、病室や手術室で撮影を行います。

歯科用一般X線撮影装置

歯科用一般X線撮影装置

非常に少ない照射量で歯の撮影が出来ます。

X線TV装置

X線TV装置

X線TV検査は、X線透視下で造影剤を使用して食道・胃・大腸などの消化器系の検査や、腎臓・尿管・膀胱などの泌尿器系の様々な検査を行います。また、内視鏡を用いた検査に併用されることもあります。

X線CT装置

X線CT装置

X線CT(Computed Tomography: コンピューター断層撮影)はX線を利用して人体の輪切り(横断像)の画像を得る検査です。
当院では80列マルチスライスCTが導入されており、横断像を再構成することで、いろいろな方向の断面(MPR画像)、骨や血管の三次元画像を作成して診断に役立てています。

MRI装置

MRI装置

MRI(Magnetic Resonance Imaging: 磁気共鳴画像)は非常に強い磁力と電波を利用して、人体の様々な断面を撮像する検査です。
当院では1.5ステラのMRIが導入されており、様々な部位・疾患に対して必要な情報を提供しています。

 

乳房X線撮影装置

乳房X線撮影装置

乳房X線写真(マンモグラフィー)は専用のX線装置を使用して、乳房を圧迫板というプラスチックの板で挟み、乳房を薄く広げて撮影します。乳腺にできる様々な病変を見つける検査です。
撮影は女性の診療放射線技師が担当します。

 

PET/CT装置

PET/CT装置

PET(Positron Emission Tomography:ポジトロン(陽電子)放射断層撮影)は、ブドウ糖にフッ素-18[18F]という放射性同位元素をつけた薬剤18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)を体内に投与します。この18F-FDGの体内分布を画像化し、主にがんの発見・診断を目的とします。

放射線治療装置

放射線治療装置

高いエネルギーの放射線を利用し、病変の治療を行います。