重要なお知らせ
新型コロナウイルス感染症の費用負担について
2024年4月1日より、自己負担割合に応じた窓口負担となります。 詳細はこちら

新型コロナウイルス感染症の費用負担について

 2024年3月末で、新型コロナウイルス感染症の治療にかかる費用の公費負担が終了します。それに伴い、4月1日からは他の傷病と同様に、自己負担割合に応じた窓口負担となります。

当院で取り扱いのある基本治療薬剤の概算

治療薬 負担割合 窓口負担額 治療薬 負担割合 窓口負担額
ラゲブリオ
(8カプセル×5日)
3割 28,300円 パキロビッド
(600パック×5日)
3割 29,720円
2割 18,900円 2割 19,810円
1割 9,430円 1割 9,900円
ベクルリー
(初日200mg+100mg×4日)
3割 114,020円 ゾコーバ
(初日3錠+1錠×4日)
3割 15,560円
2割 76,010円 2割 10,370円
1割 38,000円 1割 5,190円
  • 薬剤での治療期間や処方量などによって窓口負担額は異なります
  • 抗ウイルス薬の必要性や、治療薬剤の選択は、担当医師が判断いたします

毎月の窓口負担については、高額療養費制度におより所得に応じた限度額が設定されています。負担区分の確認などについては、会計窓口までお問合せください。





2024年 3月 13日




健診センター
受診費用助成制度
DPC病院指標
メディア・取材・広報活動

ページトップ

© Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation.  個人情報保護の取り組み