眼科

 
 地域の基幹病院としての役割を果たすべく、最新の眼科医療をできる限り取り入れ、さりげなく患者さまに提供していきます。
 常勤医4名が在籍し、一般外来を月曜日から土曜日まで午前2診体制で行っています。午前の受付時間は11時までですが、状況により11時前に受付を終了することがあります。午後は検査・治療のための予約診療のみですが、紹介状をお持ちで緊急対応が必要な患者さまにつきましては可能な限り対応します。
 眼科では、瞳を広げて眼底検査をすることがあります。検査後は車を運転できませんので、それを念頭に置いてご来院下さい。患者さまの訴えを真摯に受け止め、満足のいく診療を努めます。宜しくお願い致します。

主な診療内容

網膜硝子体疾患

 糖尿病網膜症、網膜前膜、黄斑円孔、硝子体出血、網膜剥離等に対する硝子体手術を行っています。緊急手術にも可能な限り対応しております。極細の手術器具を使用しており、切開創は非常に小さく、術後の早期回復が望めます。加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症、新生血管黄斑症、糖尿病網膜症に対して抗血管新生療法を施行しています。網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症、網膜裂孔等では、レーザー治療が必要になることもあります。
 硝子体手術、抗血管新生療法、レーザー治療は保険適応されますが、高額になります。高額療養費制度を活用することで負担を軽減できることがありますので、お気軽にご相談ください。

網膜変性疾患

 夜盲と視野狭窄が特徴の網膜色素変性症の診断とその後の経過観察を行います。夜盲を呈する他の疾患、および各種の黄斑ジストロフィの診断と経過観察をします。

白内障

 術前に、白内障だけではなく、網膜の状態もしっかり把握したうえで手術に臨みます。網膜の状態によっては、術後の視力向上が制限されるからです。また乱視が強いと術後、眼鏡での矯正が困難なことが多いです。そこで当科では、乱視軽減のための特別な保険適応のある眼内レンズも採用しております。(多焦点(2焦点)眼内レンズは保険適応されていないため使用しておりません。)術前の丁寧な説明を心がけています。
 2017年6月より眼科手術室が稼働し、土曜日、祝休日以外は毎日手術をしております。手術までの待機期間はおよそ2カ月です。

緑内障

 緑内障の点眼薬の進歩はめざましく、手術適応の患者数は確実に減少していると思われます。それでも手術が必要な場合は、適切な施設を紹介させていただきます。生涯に渡ってなんとか自活できる視野が保たれるよう努めております。

神経眼科

 視神経疾患(視神経炎、虚血性視神経症)、複視(ひとつのものがふたつに見える状態)、甲状腺眼症、重症筋無力症、眼瞼下垂、眼痛頭痛、眼精疲労などを扱います。また、眼瞼けいれん、顔面けいれんに対するボトックス治療を行っています。

ぶどう膜炎、角膜疾患、涙道疾患

 上記疾患の診断と治療も行っていますが、必要に応じて適切な施設へ紹介させていただくこともあります。

ロービジョンケア

 原因は何であれ視覚障害をきたし生活に困っている方の支えになれるよう微力ながら努めています。
 必要に応じ、身体障害者(視覚障害)の認定や視覚障害者用補装具(遮光眼鏡等)の選定を行います。

休診・代診のお知らせ

休診医師代診医師備考
代診11月1日(木)大江松原[午前]
代診11月15日(木)大江松原11時15分より診療開始
代診12月14日(金)小林田中 
休診12月15日(土)小林なし 
変更12月15日(土)田中 予約・紹介・処方のみ
代診12月21日(金)大江小林 

 

ページトップ

Copyright © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation. All rights reserved.