泌尿器科

 泌尿器科は腎臓から膀胱、尿道、前立腺、生殖器の疾患、および男性の性感染症を扱う診療科です。そのほか腎臓のすぐ上方にある副腎の手術治療も行っています。当院では北多摩地区において数少ない泌尿器科のひとつとして診療を行っております。
 当院、武蔵村山病院泌尿器科は水曜日を除く毎日午前に1名の常勤医師と非常勤医師で診療を行っています。基本的に初診時に尿検査を行いますので、受診時は採尿(尿検査)があることを念頭にいれて、直前にトイレに行かないようしてご来院ください。また水曜日には手術を行っております。
 手術については腹圧性尿失禁や女性の骨盤臓器脱手術、経尿道的手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)、経尿道的前立腺切除術(TUR-P))、陰嚢内手術を中心に2015年は106件の手術を行いました。前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺切除術(TUR-P)については、合併症を低下させることのできるTURisおよび出血を抑えることのできるTUEBと呼ばれる方法で前立腺肥大症の手術を行っています。また2016年6月からはホルミウムヤグレーザーが導入され、尿路結石に対する経尿道的尿路結石砕石術(TUL)の治療も当院で行えるようになっています。
 また、姉妹病院である東大和病院と連携して診療を行っております。尿路結石の体外衝撃波砕石術などは東大和病院で行っています。
 泌尿器科症状に関して他の医療機関や薬局の薬での治療歴がある方は、できるだけ紹介状を持参されるか、治療内容が分かるように(お薬手帳や薬の現物を持参)してください。そして他の診療科の持病や服薬がある方は、病気の名前や治療内容や薬の名前が分かるようにお知らせください。

 

ページトップ

Copyright © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation. All rights reserved.