DPCデータによる病院指標

 DPCデータとは、入院患者の臨床情報や診療行為について、全国で標準化された情報です。
DPC制度が導入された当初は、各病院でデータが正確に作成されているか検証するために提出が義務化されたものでしたが、データの価値や有用性が認められ、広く病院の指標として利用されています。

 DPC制度(DPC/PDPS)とは、「Diagnosis Procedure Combination / Per-Diem Payment System」の略で、厚生労働省が定める診断群分類(DPC)を使った定額払い制度のことです。病名と診療内容等の組み合わせにより、1日当たりの定額医療費を基本として計算します。
尚、入院症例のみが集計対象であり、外来症例は含まれません。また、集計の結果が10未満の場合は「-(ハイフン)」で表示しています。

病院指標(臨床指標)

 医療の質を具体的な数値として示し、客観的に評価することを可能としたものです。 これにより、医療の過程や結果のなかに潜在している課題や改善点を見つけ出し、医療の質向上に役立てることを目的としています。

更新履歴

2023/9/30 2022年度 病院指標「第1版」を公開
2022/9/30 2021年度 病院指標「第1版」を公開
2021/9/30 2020年度 病院指標「第1版」を公開
2020/9/30 2019年度 病院指標「第1版」を公開
2019/9/30 2018年度 病院指標「第1版」を公開
2018/9/29 2017年度 病院指標「第1版」を公開
2017/9/30 2016年度 病院指標「第1版」を公開


 

2022年度 東大和病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1.年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 40 45 67 203 451 610 1293 1411 407
◆ 集計方法と定義
2022年4月~2023年3月の期間、保険(公費、生活保護を含む)を使用した一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数。
◆ 解説
年間の退院患者数は、昨年に比べて247人増加の4,531人。年齢構成では、70~79歳の患者さまが1,293人、80~89歳の患者さまが1,411人となり、90歳以上の患者さまを含めた割合で全体の68.7%を占めました。次いで60~69歳の患者さまが610人で続いており、例年と変わらず全体として入院患者さまの高齢化が進んでいます。

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 68 28.44 21.11 22.06 86.19
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置2なし 37 31.57 18.57 2.70 76.38
040150xx99x0xx 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術なし 手術・処置等2なし 13 15.92 22.66 23.08 79.31
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 10 2.00 2.03 0.00 55.90
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 23.30 19.69 30.00 85.90
◆解説
今年度も新型コロナウイルス感染症が引き続き蔓延したため、入院患者数は減少しましたが、入院の効率化を進め、平均在院日数は19.3日と昨年度より3.6日短縮しました。気管支鏡検査を昨年から再開し、昨年度は38件でしたが、今年度は大幅に増加し75件施行しました。それに伴い、35例の肺がん患者さまに対し、計170件の化学療法を施行しました。紹介患者数は425件と近隣の施設から安定してご紹介いただいており、当科が認知され、信頼が広がった結果と考えております。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 123 4.59 4.26 0.00 71.38
050130xx9900x0 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 他の病院・診療所の病棟からの転院以外 106 20.01 17.54 6.60 83.35
050050xx9910x0 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 他の病院・診療所の病棟からの転院以外 95 2.55 3.04 0.00 69.08
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 79 4.44 4.65 0.00 65.20
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 77 11.60 11.59 2.60 68.19
◆解説
今年度は常勤医5名体制で診療を開始しました。秋から長瀬医師が常勤医として加わり、カテーテルアブレーションの定期施行が可能となりました。植込み型除細動器、心臓再同期療法といったこれまで当院でできなかった治療も開始されました。また、後期研修医の受け入れを行い常勤医師最大9名となり、ようやく紹介患者さまを断らない方針が実践できるようになりました。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿傷手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 54 7.70 8.94 1.85 71.41
060102xx99xxxx 穿孔又は膿傷を伴わない憩室性疾患 手術なし 48 7.67 7.63 0.00 71.04
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 43 3.19 2.64 0.00 69.65
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 なし 36 5.81 7.79 2.78 68.28
060140xx97x0xx 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 27 9.78 10.88 0.00 74.44
◆解説
種々の内視鏡検査、治療を行っていますが総数は382件で前年と大きな変化はありませんでした。緊急検査、治療に積極的に対応しています。
消化器がんに対する化学療法は、外来化学療法センター640件、入院治療22件で、入院治療が増加しました。

消化器外科・外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 80 4.49 4.59 0.00 70.65
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 55 6.13 6.93 0.00 60.80
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 48 8.21 9.00 4.17 75.58
060210xx9700xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 26 12.04 14.15 3.85 73.50
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 23 14.26 15.40 4.35 75.39
◆解説
385件の手術を行いました。悪性腫瘍に対する待機手術は、前年とほぼ同様でした。良性疾患では鼠経ヘルニア根治術が増加しました。70%が腹腔鏡手術でした。急性腹症に対する緊急手術は103件でやや増加しました。鏡視下手術は249件で、手術総数の65%で数年来、全体の半数を超えました。

糖尿病・内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)手術・処置等2なし 37 9.97 10.80 0.00 62.65
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等21あり 34 12.26 14.28 2.94 70.97
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 16 12.56 13.43 0.00 60.25
100285xxxxxxxx ADH分泌異常症 - - 16.43 - -
10006xxxxxx1xx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)手術・処置等21あり - - 13.16 - -
◆解説
今年度はコロナ禍の影響もほぼなくなり、コロナ禍以前の外来人数まで堅調に回復しています。外来における糖尿病セミナーなどは依然休止中ですが、感染状況が収まり次第、再開予定です。糖尿病の教育入院に関しては、徐々に戻りつつありますが、まだ昨年度同様、コロナ禍前の3割減でした。

脳神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 31 6.03 7.33 3.23 62.16
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 22 4.73 4.79 0.00 70.36
01021xxxxx0xxx 認知症 手術・処置等1なし 10 17.70 17.18 10.00 83.20
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 18.58 - -
010230xx99x30x てんかん 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病なし - - 13.31 - -
◆解説
今年度は、常勤医1名、非常勤医1名で診療に取り組みました。東大和病院附属セントラルクリニックでの通常の外来診療を週6日、もの忘れ外来を週3日行いました。認知症診療に対しては、東京都から地域連携型認知症疾患医療センターの認定を受けており、外来・入院治療の充実、院内研修、地域連携、市役所との協力を継続しました。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 15 8.53 10.62 0.00 78.53
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等2 1あり 11 15.27 21.24 0.00 68.27
050161xx9900xx 大動脈解離 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 なし - - 16.55 - -
050161xx97x1xx 大動脈解離 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり - - 28.45 - -
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2 1あり - - 21.78 - -
◆解説
心臓血管外科は、心臓血管外科専門認定機構認定修練施設(基幹施設)に認定されており、インフォームド・コンセントに基づく医療を最重要課題として実践し、患者さまにとって最良の治療を最新の技術で提供できるように努力しております。循環器科と連携協力し、心臓血管センターの両翼を担い診療を行っています。2021年度よりMICSを導入、推進しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 133 29.26 26.42 70.68 83.86
070370xx01xxxx 脊椎骨粗鬆症 経皮的椎体形成術 58 25.53 18.49 31.03 81.05
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 51 28.14 22.23 33.33 84.78
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 35 4.23 4.86 0.00 61.57
070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア 内視鏡化椎間板摘出(切除)術 後方摘出術等 19 5.58 9.58 0.00 53.68
◆解説
今年度は、with CORONAの診療体制を継続しつつ、可能な限り平常診療と救急医療に取り組んでまいりました。4月の診療報酬改定により、大腿骨近位部骨折に対する早期手術加算が新設定され、受傷から48時間以内の早期手術を心がけています。感染症対策としてベッド制限下の運営を余儀なくされ、在院延べ人数14,508名と昨年に比べやや減少しました。看護職員とともに徹底した感染管理に務めております。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 111 19.06 15.97 29.73 72.02
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 71 26.99 19.58 70.42 71.51
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 53 16.11 10.14 5.66 81.17
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 48 10.48 8.54 8.33 81.52
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 42 19.40 17.76 23.81 78.02
◆解説
常勤医師は2名ながら、非常勤医師の力を借り、積極的に診療しております。今年度の手術件数総数は98件(前年度106件)と減少傾向ですが、血管内手術は30件(前年度26件)と増加しております。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし - - 3.94 - -
160200xx9710xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 8.17 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - 2.90 - -
080007xx97xxxx 皮膚の良性新生物 その他の手術あり - - 5.61 - -
080180xx971xxx 母斑、母斑症 手術あり 手術・処置等1あり - - 5.35 - -
◆解説
外来新患者数は846名、再来患者数は4,330名、入院患者数は17名でした。手術は昨年同様、皮膚・皮下腫瘍の切除とそれに関連する再建術が最多で、次いで外傷に関する術式が多い結果となりました。潰瘍も多く、治癒までに時間や複数回の手術が必要になるため、平均入院日数は長くなりました。当科の特色を活かし、地域の患者さまに貢献できるよう尽力する所存です。

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む))等 手術・処置等1なし 38 10.71 9.99 0.00 66.00
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 21 7.05 5.67 0.00 61.52
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり - - 4.04 - -
100130xx97x0xx 甲状腺の良性結節 手術あり 手術・処置等2なし - - 7.08 - -
090010xx011xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む))等 手術・処置等1あり - - 15.14 - -
◆解説
外来を中心として東大和市乳がん検診、乳がん検診・人間ドックの二次精査、有症状の患者さまの診察を行っており、視触診、マンモグラフィ、乳腺超音波検査を行っております。さらなる精査が必要な時は細胞診や組織診生検も積極的に行っており、乳がんの早期治療を目指しております。乳房温存手術後の放射線治療は武蔵村山病院と協力し、乳房再建においては形成外科の協力の下、組織拡張器、人工乳房を用いた再建を行っております。新型コロナウイルス感染症の流行で診療制限がかかる部分もありましたが、安全な医療の提供ができました。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病 なし 39 5.72 10.06 0.00 70.95
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病 なし 19 5.89 9.68 0.00 40.68
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病 なし 14 5.64 9.24 0.00 40.07
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病 なし - - 28.63 - -
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし - - 8.84 - -
◆解説
今年度に開始した呼吸器外科診療は、医師2名の体制で行ってまいりました。コロナ禍での立ち上げでしたが、2名とも数分以内に病院に到着できる体制で臨み、各科、各部門の方々の多大なご協力の下に、大過なく1年過ごすことができました。

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 19 - - 12 - - 1 8
大腸癌 11 25 12 17 36 - 1 7,8
乳癌 21 23 - - - - 1 8
肺癌 20 - - 45 - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
    ◆ 集計方法と定義
  • 集計期間中に退院した患者さまが対象で、実患者数を集計しています。期間内に同じ患者さまが同じがんで入退院を繰り返しても1件と数えます。
  • 「初発」の病期分類は、UICC病期分類に基づいたものです。
  • 集計期間中に「初発」として集計されたものは、「再発」には集計しません。
  • 病期分類が確定される前に亡くなられた場合等は、病期分類は「不明」となります。
  • 医療資源を最も投入した傷病名が疑い病名だったものは集計対象から除外しています。
  • ◆ 解説
    5大癌に対して当院では、手術、化学療法、放射線治療、緩和医療を組み合わせて、集学的医療を行っています。

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 28 18.54 77.39
重症 15 35.60 83.33
超重症 - - -
不明 - - -
    ◆ 集計方法と定義
  • 市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
  • 重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
  • ◆ 解説
  • 当院は、中等症、重症の患者さまが多い傾向となっています。
  • 重症度が高いほど平均在院日数が長くなり、平均年齢も高い傾向となっています。
 

5.脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 363 23.1 77.6 34.7
その他 15 40.5 74.3 1.10
    ◆ 集計方法と定義
  • 脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示します。
  • 医療資源を最も投入した傷病のICD10がI63$である症例を集計します。
  • 発症日から「3日以内」「その他」に分けた数値を記載します。
  • ◆ 解説
    今年度は脳梗塞(3日以内)が363症例。昨年度と同様に数多くの脳梗塞症例を受け入れています。

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 91 1.76 5.56 2.20 71.37
K616 四肢の血管拡張・血栓除去術 63 1.65 12.81 0.00 75.24
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 58 1.14 2.84 0.00 67.78
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 49 0.20 15.10 6.12 69.53
K5461 経皮的冠動脈形成術(急性心筋梗塞に対するもの) 42 0.00 11.83 0.00 66.50
◆解説
新型コロナウイルス感染症の影響で患者数は減少したままですが、コメディカルスタッフの積極的な協力もあり、大きな問題なく診療できました。1位は経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの)の91人でした。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 74 1.82 8.19 2.70 75.30
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 56 2.38 2.95 1.79 68.55
K654 内視鏡的消化止血術 30 3.03 9.97 6.67 75.97
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 29 1.00 4.07 0.00 69.31
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 20 3.95 5.75 0.00 72.65
◆解説
本年も内視鏡下で数多くのポリープ切除等を実施しました。

消化器外科・外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 60 0.97 5.02 0.00 61.92
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 55 1.22 2.05 0.00 67.53
K6335 鼠経ヘルニア手術 25 1.40 2.56 0.00 77.52
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 21 0.67 3.05 0.00 38.14
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 20 2.60 9.85 0.00 72.60
◆解説
385件の手術を行いました。待機手術(がんに対する手術)は、前年とほぼ同様でした。良性疾患では、鼠経ヘルニア根治術が増加しました。70%が腹腔鏡手術でした。急性腹症に対する緊急手術は103件(27%)でやや増加しました。鏡視下手術は249件で、手術総数の65%で前年に続き全体の半数を超えています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612ㇿ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 12 2.83 4.00 0.00 77.67
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 11 3.64 12.64 0.00 71.45
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
K5612ㇵ ステントグラフト内挿術(腸骨動脈) - - - - -
◆解説
昨年同様、新型コロナウイルス感染症への対策をしながら上記症例数を実施しました。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 123 1.86 23.31 58.54 81.36
K142-4 経皮的椎体形成術 66 9.08 17.65 33.33 80.94
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 50 1.96 12.00 0.00 63.58
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 32 3.66 25.72 68.75 82.41
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、足、指(手、足)その他) 26 1.81 7.96 3.85 49.58
◆解説
昨年同様、骨折に対する観血手術、脊椎疾患、手外科疾患を中心に手術を行いました。年間手術件数は737件(昨年732件)でした。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 42 0.24 17.10 7.14 80.50
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 15 10.40 14.27 26.67 75.47
K1781 脳血管内手術 12 2.92 33.50 33.33 66.25
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12 0.42 35.25 33.33 59.17
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 11 5.18 9.45 0.00 72.64
◆解説
昨年同様、新型コロナウイルス感染症への対策をしながら上記症例数を実施しました。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮膚下腫瘍摘出術(露出部以外)(直径6cm以上12cm未満) - - - - -
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹) - - - - -
K0151 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25c㎡未満) - - - - -
K0052 皮膚、皮膚下腫瘍摘出術(露出部)(直径2cm以上4cm未満) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
◆解説
1位は皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)でした。主に加齢変化に伴う眼瞼下垂や眼瞼内反症も昨年同様の手術件数でした。

乳腺外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 21 1.00 5.05 0.00 61.52
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 16 1.00 8.94 0.00 70.44
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) - - - - -
K4769 乳腺悪性腫瘍手術(乳輪温存乳房切除術(腋窩部郭清を伴うもの)) - - - - -
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む))) - - - - -
◆解説
76件の手術を実施しましたが、主な内訳としては、乳がん手術61件のほか、乳腺良性疾患、甲状腺がん、甲状腺良性、その他リンパ節生検などを実施しました。乳房温存手術は23件で乳房温存率は38%でした。乳頭乳輪温存乳房切除術、乳房再建を行いました。上記リストはDPC(入院)のみの集計となるため表記上は記載されていませんが、外来(セントラルクリニック含む)での吸引式組織生検(K474-3)は87件でした。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 17 3.53 1.12 0.00 38.12
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 13 2.00 4.15 0.00 72.38
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 12 1.50 1.08 0.00 71.00
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 11 1.55 3.36 0.00 70.55
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) - - - - -
◆解説
21例の気胸を加療しました。主に単孔式の胸腔鏡手術を行うことで16件(76%)は術後第1病日に、95%の方が3日以内に退院できました。肺がん手術は29例で、ほぼ半数が肺葉切除、その他が縮小手術の区域切除・部分切除です。胸腔鏡下手術を24例(84%)で行い、当科の得意分野である複雑な肺区域切除術も、その多くで単孔式胸腔鏡下手術を施行しました。
胸腔鏡手術において、単孔式は多孔式に比べて術後の疼痛が軽減されるとされており、患者さま方にもご満足をいただいております。

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.26
異なる - -
    ◆ 集計方法と定義
  • 医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなり得ないが、改善すべきものとして定義される感染症および合併症の発生率を示しました。
  • 医療資源を最も投入した病名と入院のきっかけとなった病名が同一かそれ以外で件数を集計しています。
  • ◆ 解説
    当院においては、発症率は低く抑えられています。


かかりつけ医検索
PCR検査は行っていません


取材・メディアの方へ
DPCデータによる病院指標


交通アクセスの詳細はこちら

社会医療法人財団 大和会

東大和病院

〒207-0014 東京都東大和市南街1-13-12
TEL:042-562-1411(代表)

東大和病院附属セントラルクリニック

〒207-0014 東京都東大和市南街2-3-1
TEL:042-562-5511(代表)

  © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation.