新型コロナウイルスワクチン接種に関しては お住まいの各市役所までお問合せください


[東大和市新型コロナウイルスワクチンコールセンター]
   WEB   https://www.city.higashiyamato.lg.jp
     電話   042-563-8551

新型コロナウイルス感染症に関する 重要なお知らせ



詳しくは こちらのページをご覧ください

DPCデータによる病院指標

 DPCデータとは、入院患者の臨床情報や診療行為について、全国で標準化された情報です。
DPC制度が導入された当初は、各病院でデータが正確に作成されているか検証するために提出が義務化されたものでしたが、データの価値や有用性が認められ、広く病院の指標として利用されています。

 DPC制度(DPC/PDPS)とは、「Diagnosis Procedure Combination / Per-Diem Payment System」の略で、厚生労働省が定める診断群分類(DPC)を使った定額払い制度のことです。病名と診療内容等の組み合わせにより、1日当たりの定額医療費を基本として計算します。
尚、入院症例のみが集計対象であり、外来症例は含まれません。また、集計の結果が10未満の場合は「-(ハイフン)」で表示しています。

病院指標(臨床指標)

 医療の質を具体的な数値として示し、客観的に評価することを可能としたものです。 これにより、医療の過程や結果のなかに潜在している課題や改善点を見つけ出し、医療の質向上に役立てることを目的としています。

更新履歴

2020/9/30 2019年度 病院指標「第1版」を公開
2019/9/30 2018年度 病院指標「第1版」を公開
2018/9/29 2017年度 病院指標「第1版」を公開
2017/9/30 2016年度 病院指標「第1版」を公開


 

2019年度 東大和病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1.年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 52 87 116 361 587 902 1822 1822 428
◆ 集計方法と定義
2019年4月~2020年3月の期間、保険(公費、生活保護を含む)を使用した一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数。
◆ 解説
年間の退院患者数は、昨年に比べて633人減少の6,187人。年齢構成では、70 ~ 79歳、80~89歳の患者さまがともに1,822人で並び、90歳以上の患者さまを含めた割合で全体の65.8%を占めました。次いで60~69歳の患者さまが907人で続いており、全体として入院患者さまの高齢化が進んでいます。

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 34.96 20.84 20.00 84.80
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 50 22.32 15.17 6.00 83.62
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病ありA-DROP スコア2 35 30.06 18.27 14.29 85.29
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 30 31.93 21.84 10.00 89.63
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 25 2.00 2.03 0.00 52.56
◆解説
本年度は、入院患者数は16,145人であり、昨年度より4人減少しました。平均在院日数は25.8日であり、昨年度より約4.5日延長しました。進行肺がん症例に対する新規抗がん剤を使用した化学療法、呼吸不全症例に対する在宅酸素療法、非侵襲的人工呼吸などを積極的に行っています。高齢者肺炎症例を中心に、在宅診療の患者さま、呼吸不全の患者さまも積極的に受け入れ、また、睡眠時無呼吸症候群の睡眠ポリグラフ検査(PSG)は月平均4.9例(CPAP導入含む)実施しました。DPC診断群分類としては、誤嚥性肺炎が1位、睡眠時無呼吸症候群が2位となりました。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 175 4.92 4.40 0.00 69.41
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 171 2.35 3.01 0.00 71.54
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 21.41 17.71 6.17 82.21
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 2.28 3.15 0.00 71.45
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 12.00 12.37 0.00 68.48
◆解説
常勤医6名体制で診療にあたっておりますが、患者数はこの数年飛躍的に増加しており、外来診療、入院診療ともに非常勤医師の協力が不可欠な状況となっています。昨年度からカテーテルアブレーションの定期施行を行っています。バルーンステントなどの心臓カテーテル治療は昨年とほぼ同様で推移しております。ロータブレーターやDCAなど最新のアテレクトミーカテーテルも積極的に用いて治療を行っています。DPC診断群分類としては、カテーテル治療を中心とした循環器疾患の患者数が多く、上記の結果となりました。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 92 7.88 9.79 1.09 76.62
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 81 5.48 7.65 0.00 71.64
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 66 7.29 7.42 1.52 68.08
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 62 3.24 2.63 0.00 72.23
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 35 6.14 8.27 0.00 75.20
◆解説
これらの疾患に対して多くの内視鏡検査、治療を行いました。また、肝胆道系の検査・治療(ERCP、EST、胆道内外瘻術)が前年比40%と大幅に増えました。

消化器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 78 4.44 4.85 0.00 71.42
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 75 8.63 8.89 6.67 68.17
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 6.06 7.13 0.00 62.46
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 42 7.00 6.94 2.38 43.52
060035xx01001x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 38 16.00 22.75 0.00 73.24
◆解説
本年は399件の手術を行いました。前年と比べて、大腸がん、膵がんに対する切除術が増えました。一方、虫垂切除術、鼠径ヘルニア根治術はほぼ同様で胆のう摘出術が減少しました。また、鏡視下手術は191件で、手術総数の48%となりました。緊急手術は76件(19%)で前年度と同水準でした。

糖尿内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 42 11.43 13.72 0.00 61.57
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 25 8.64 10.84 0.00 58.92
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 14 15.71 15.20 0.00 72.64
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 13.79 13.41 7.14 70.00
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり85歳未満 12 11.17 11.68 8.33 75.33
◆解説
外来部門では、1型糖尿病だけではなく、インスリン治療中の2型糖尿病の患者様に対しても自動血糖測定を積極的に導入しており、30名程度の患者様にフリースタイルリブレを使用しています。入院部門については、今後も病診連携を通じて、教育入院、インスリン導入の症例を増やし地域の糖尿病治療に貢献していく方針です。

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 10.12 7.12 7.84 66.92
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 47 6.70 6.22 4.26 73.13
01021xxxxx0xxx 認知症 手術・処置等1なし 19 28.00 17.53 26.32 84.89
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 副傷病なし 18 10.56 15.90 0.00 81.00
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 28.30 17.72 30.00 75.30
◆解説
当院は東京都から地域連携型認知症疾患医療センターの認定を引き続き受けており、2018年度からはさらに市役所からの委託により認知症初期集中支援チームを発足しました。その他の神経疾患、特にパーキンソン症候群などの神経難病や神経筋疾患に対しては、主に外来で、必要時は入院で診療を行いました。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 13 9.31 11.75 7.69 75.77
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 19.08 17.34 16.67 74.58
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり - - - - -
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし - - - - -
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等11,2あり 手術・処置等21あり - - - - -
◆解説
心臓血管外科は、心臓血管外科専門認定機構認定修練施設(基幹施設)に認定されており、インフォームド・コンセントに基づく医療を最重要課題として実践し、患者さまにとって最良の治療を最新の技術で提供できるように努力しております。今年度の手術件数は、157件でした。内訳は、開心術43例、開心術以外が114例でした。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 76 27.33 25.94 64.47 81.45
070370xx97xxxx 脊椎骨粗鬆症 その他の手術あり 59 30.53 23.71 49.15 83.08
070370xx01xxxx 脊椎骨粗鬆症 経皮的椎体形成術 42 23.76 18.96 26.19 79.98
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 35 29.40 20.74 25.71 83.46
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 31 4.61 5.54 0.00 52.48
◆解説
入院については、最近の傾向として90歳を越える超高齢者の割合が増加しています。これに伴い高度認知症例や重症度の高い症例も多く、看護スタッフ共々、日々医療安全に努めるよう心掛けました。疾患の内訳は、大腿骨近位部骨折、脊椎圧迫骨折などの高齢者骨折をはじめとした外傷疾患、手外科疾患、脊椎疾患などの手術症例が大部分を占めておりました。骨粗鬆症リエゾンチーム発足以来、骨粗鬆症に対する早期介入と新規骨折の予防(Stop at One)。そして治療継続を心掛けており、啓蒙活動として地域講演会や学会発表を行っています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 110 21.95 16.13 41.82 70.34
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 18.84 9.67 11.43 80.31
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 65 23.20 18.81 63.08 70.83
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 62 6.27 5.01 1.61 72.94
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 11.98 7.34 15.38 73.92
◆解説
現在、常勤医師は2名ですが、非常勤医師の力を借り、以前と同様のレベルを目指し診療しています。2019年度手術件数総数は126件(昨年度113件)となりました。脳腫瘍手術(開頭及び経鼻的)は計23例と増加。また、血管内手術は内頸動脈狭窄に対するCASが5例、脳動脈瘤コイル閉塞術が2例と合計7例でした(昨年度は13例)。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 26 3.00 3.10 0.00 76.81
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 15 18.07 12.55 6.67 69.07
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 4.93 5.26 0.00 45.07
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 13 4.15 4.01 0.00 58.31
080007xx97xxxx 皮膚の良性新生物 その他の手術あり 10 4.20 5.94 0.00 54.50
◆解説
本年は、入院患者数94名、平均在院日数は5.1日と、ほぼ例年通りに推移しております。全身麻酔の手術件数は75件、それ以外の局所麻酔や伝達麻酔の手術件数は外来も含め625件、総手術件数は700件と前年から74件増加しました。 内容的には良悪性腫瘍、鼻骨骨折や頬骨骨折等の顔面外傷が多いのは例年同様ですが、眼瞼下垂や眼瞼内反症、など加齢に伴う眼瞼手術の増加が著しく、今後も増えると予想されます。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 208 1.00 2.64 0.00 57.64
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 80 12.93 12.58 5.00 78.21
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 78 2.06 2.49 0.00 70.03
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 56 4.52 5.61 0.00 61.43
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 55 7.13 7.07 0.00 74.22
◆解説
小児科以外の泌尿器科疾患を対象とし、大学病院と同様の治療水準を保つように心掛けています。なかでも尿管結石、悪性腫瘍、前立腺肥大症には、特に力を入れて診療しています。 手術については、腎腫瘍、副腎腫瘍、腎盂腫瘍、尿管腫瘍、前立腺腫瘍に対して、低侵襲手術を行っています。また、前立腺肥大症、尿路結石に対しても低侵襲で無血的な手術を行っています。手術件数は年間約260件でした。

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 26 6.73 6.10 0.00 66.08
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 22 10.50 10.34 0.00 64.41
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 - - - - -
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1なし - - - - -
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり - - - - -
◆解説
乳腺外科は、外来を中心として東大和市乳がん検診、乳がん検診・人間ドックの二次精査、有症状の患者さまの診察を行っており、視触診、マンモグラフィー、乳腺超音波検査を行っております。さらなる精査が必要な時は細胞診や組織診生検も積極的に行っており、乳がんの早期治療を目指しております。乳房再建においては、組織拡張器ならびに人工乳房を用いた再建を形成外科の協力のもと、行っております。化学療法が必要な場合には外来化学療法室で行っております。甲状腺疾患についても診察、診断、手術などの治療を行っております。

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 34 - - 15 24 17 1 8
大腸癌 18 10 26 16 83 17 1 8
乳癌 23 12 - - - - 1 8
肺癌 - - - 30 - 21 1 8
肝癌 - - - - - 15 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
    ◆ 集計方法と定義
  • 集計期間中に退院した患者さまが対象で、実患者数を集計しています。期間内に同じ患者さまが同じがんで入退院を繰り返しても1症例を1件と数えます。
  • 「初発」の病期分類は、UICC病期分類に基づいたものです。
  • 集計期間中に「初発」として集計されたものは、「再発」には集計しません。
  • 病期分類が確定される前に亡くなられた場合等は、病期分類は「不明」となります。
  • 医療資源を最も投入した傷病名が疑い病名だったものは集計対象から除外しています。
  •   
    ◆ 解説
    5大癌に対して当院では、手術、化学療法、放射線治療、緩和医療を組み合わせて、集学的医療を行っています。

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 13.71 58.14
中等症 142 26.24 78.80
重症 46 31.63 83.85
超重症 - - -
不明 - - -
    ◆ 集計方法と定義
  • 市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
  • 重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
  • ◆ 解説
  • 当院は、中等症、重症の患者さまが多い傾向となっています。
  • 重症度が高いほど平均在院日数が長くなり、平均年齢も高い傾向となっています。
 

5.脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数等 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 387 26.09 76.43 43.50
その他 13 35.31 76.31 -
◆ 集計方法と定義
脳梗塞(DPC010060)の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示します。それぞれ発症3日以内とその他に分けて表示しています。(脳梗塞に至らなかったものや、もやもや病は除きます)
◆ 解説
今年度も、脳梗塞(3日以内)が最も多く387症例となりました。急性期脳卒中に対して集中的な治療を行っている当院の特徴が出ています。

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 142 1.88 4.31 2.82 69.74
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 61 1.75 10.64 3.28 75.10
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 49 3.94 12.37 10.20 82.12
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 37 0.00 13.19 0.00 66.16
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 26 0.96 3.15 0.00 62.23
◆解説
1位は急性心筋梗塞、不安定狭心症以外に対する経皮的冠動脈ステント留置術で142件でした。地域の先生方からの紹介及び循環器科に関連する救急患者を多く受入れています。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 96 2.85 8.49 1.04 77.47
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 87 1.41 1.49 0.00 73.44
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) 37 1.92 5.11 2.70 78.05
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 35 0.86 4.40 0.00 75.17
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 30 1.17 4.00 0.00 73.70
◆解説
本年も胃、大腸の良性腫瘍、及び悪性腫瘍に対する内視鏡的治療を多数行っています。

消化器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 56 1.21 4.13 0.00 62.86
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 45 1.31 2.20 0.00 75.20
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 33 1.15 2.09 0.00 66.39
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 31 2.94 9.97 0.00 72.84
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 25 7.16 17.84 0.00 74.04
◆解説
当科では鏡視下手術を積極的に行っています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 11 3.91 15.27 0.00 70.18
K5612ロ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(腹部大動脈) - - - - -
K5551 弁置換術(1弁のもの) - - - - -
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -
◆解説
1位は冠動脈・大動脈バイパス移植術で11例となりました。2位はステントグラフト内挿術が9例となりました。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 105 1.90 23.47 44.76 78.60
K0462 骨折観血的手術(前腕) 54 1.96 9.52 0.00 60.41
K142-4 経皮的椎体形成術 47 8.57 14.00 27.66 79.51
K0811 人工骨頭挿入術(股) 46 4.83 24.96 63.04 82.09
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 23 1.52 5.22 0.00 50.43
◆解説
昨年同様、大腿骨頸部骨折などの高齢者骨折を始めとした外傷疾患の手術症例が多くなっています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 55 1.07 21.05 10.91 80.53
K171 経鼻的下垂体腫瘍摘出術 13 2.00 16.92 0.00 69.92
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12 1.92 25.42 8.33 62.25
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) - - - - -
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) - - - - -
◆解説
1位は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術で55件、手術適応となった頭部外傷に対しての治療を行っています。2位は経鼻的下垂体腫瘍摘出術が13件となりました。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 18 0.00 1.94 0.00 78.94
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) - - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) - - - - -
K333 鼻骨骨折整復固定術 - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2センチメートル以上4センチメートル未満) - - - - -
◆解説
1位は眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)18件でした。
眼瞼下垂や眼瞼内反症、睫毛内反症など眼の周りの手術を希望されて受診される患者数が着々と増加しており、社会の高齢化が進む中で症例数も益々増えていくことが予想されます。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 209 0.00 0.00 0.00 57.59
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 58 1.14 2.76 0.00 61.91
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 51 1.27 6.78 3.92 76.65
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 31 2.10 4.52 0.00 74.55
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 25 1.04 4.52 0.00 74.16
◆解説
腎腫瘍、副腎腫瘍、腎盂腫瘍、尿管腫瘍、前立腺腫瘍に対して低侵襲手術を行っています。また、前立腺肥大症、尿管結石に対しても、低侵襲で無血的な手術を行っております。その他の疾患に対しても積極的に治療を行っており、手術件数は年間約260件でした。

乳腺外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 26 1.00 4.73 0.00 66.08
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) - - - - -
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))) - - - - -
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) - - - - -
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
◆解説
本年は、60件の手術を行いました。乳がん手術48件、乳腺良性疾患手術4件、甲状腺癌手術2件、甲状腺良性手術1件でした。乳房温存手術は35件であり乳房温存率は73%でした。乳頭乳輪温存乳房切除術を2件施行しており、組織拡張器挿入3件(うち1件同時)、人工乳房挿入3件、自家移植(広背筋皮弁)を1件行いました。上記表は当科の状況を表しています。

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 14 0.22
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.23
異なる - -
◆ 集計方法と定義
臨床上ゼロにはなり得ないが、医療の質の改善に資するため、改善すべきものとして定義される感染症および合併症の発生率を示しました。医療資源を最も投入した病名と入院のきっかけとなった病名が同一かそれ以外で件数を集計しています。
◆ 解説
当院においては、発症率は低く抑えられています。

社会医療法人財団 大和会

東大和病院

〒207-0014 東京都東大和市南街1-13-12
TEL:042-562-1411(代表)

東大和病院附属セントラルクリニック

〒207-0014 東京都東大和市南街2-3-1
TEL:042-562-5511(代表)

  © Social Medical Corporation, the Yamatokai Foundation.
ページの先頭に戻る